クラビット500の効果・副作用

クラビット効果・副作用クラビット500効果・効能

ニューキノロン系の経口抗菌製剤で、細菌のDNA(遺伝子情報物質)の複製を阻害することで細菌の増殖を抑制し殺菌作用を示します。クラビットは高い殺菌作用を有し、難治性の感染症にも効果を発揮します。またクラビット100㎎を一日に3回服用するより、クラビット500㎎を一日に1回服用する方が耐性菌ができにくいためクラビット500で処方される機会も多くなっています。

性感染症の中でも最も感染率が高いと言われるクラミジアの治療薬としても処方されます。さまざまな感染症の治療薬と処方されている抗菌薬です。

クラビット効果・副作用クラビット500適応症

通常、皮膚感染症、呼吸器感染症、泌尿器感染症、婦人科感染症、眼科感染症、耳鼻科感染症、歯科感染症など広い範囲の感染症の治療に使用されます。

①皮膚感染症
表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、ざ瘡(化膿性炎症を伴うもの)、外傷・熱傷及び手術創などの二次感染
②呼吸器感染症
咽頭・喉頭炎、急性気管支炎、扁桃炎(扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍を含む)、
③泌尿器感染症
膀胱炎、腎盂腎炎、前立腺炎(急性、慢性)、精巣上体炎(副睾丸炎)、胆のう炎、胆管炎、尿道炎、子宮頸管炎
④婦人科感染症
子宮内感染、子宮付属器炎
⑤眼科感染症
涙嚢炎、麦粒腫、瞼板腺炎
⑥耳鼻科感染症
外耳炎、中耳炎、副鼻腔炎
⑥歯科感染症
化膿性唾液腺炎、歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎
⑦その他
ペスト、結核症、Q熱、炭疽など

クラビット効果・副作用クラビット500副作用

主な副作用としてはこれまで、食欲低下・吐き気・下痢・腹痛・腹部不快感・発疹・不眠・めまい・頭痛などが報告されています。

またショックやアナフィラキシー様症状の副作用の初期症状として紅斑・悪寒・呼吸困難・顔面蒼白・冷汗が、中毒性表皮壊死症や皮膚粘膜眼症候群の副作用の初期症状として発熱・紅斑・水疱・びらんが、痙攣の副作用の初期症状として筋肉が発作的に収縮するなどが報告されています。

これら以外にももし体に異常や体調に異変を感じた場合には、直ちに服用を止めて医師や薬剤師にご相談してください。

クラビット効果・副作用クラビット500用法・用量

通常、成人はクラビット500を1回につき1錠(主成分として500mg)を1日1回服用しますが、感染症の種類および症状により適宜減量されます。

クラミジアの治療として服用する場合は1日から1週間の服用が一般的です。

腸チフスやパラチフスの場合は、成人では1回1錠(主成分として500mg)を1日1回、14日間服用します。

いずれの場合も、必ず指示された服用方法に従ってください。医師の指示なしに、自己判断で、症状がなくなったからといって途中で服用をやめてしまうと残っている菌が再び増殖することもあるため、指示された服用期間は守ってください。

飲み忘れた場合は、気がついた時にできるだけ早く服用するようにしてください。

ただし、次の服用時間が近い場合は、忘れた分は飲まないで1回分を飛ばして通常飲む時間帯に指示された飲み方で服用してください。2回分を一度に飲まないようにしてください。誤って多く飲んだ場合は医師または薬剤師に相談してください。

クラビット効果・副作用ご使用上の注意

これまで医薬品に対してかゆみや発疹などのアレルギー症状がある方や重症筋無力症の方や、腎機能障害・不整脈や虚血性心疾患などの心疾患・てんかんなどの痙攣性疾患や既往歴がある方は、服用される前に掛かりつけの医師にご相談ください。

さらに幼児や妊娠されている女性や授乳中の方は、炭疽などの重篤な疾患に限り服用しますが、必ず医師の指示に従って服用してください。

クラビット製品一覧(郵便局留め・送料無料・後払いサービス対応)

クラビット500mg

1箱 (5錠)    5,800円

4箱 (20錠) 15,800円 (7,400円 OFF)

5箱 (25錠) 17,800円 (11,200円 OFF)

クラビットが有効なのはおもに「細菌」による感染症です。細菌以外では、クラミジアにも非常に有効です。
尿路感染症にとどまらず、呼吸器感染症、皮膚感染症、また耳鼻科領域の感染症などに広く用いられます。この服用方法は 海外では120以上の国と地域で承認されています。1日1回の服用でOK。

クラビット購入ボタン

クラビット

クラビット

クラビット500メニュー